愛知県丹羽郡扶桑町で外壁塗装・屋根塗装はお任せください!!

愛知県丹羽郡扶桑町の外壁リフォームはお任せください!!


外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」

建物タイプ→    木造二階建て

築年数→      約10年

施工箇所→     外壁・屋根塗装工事

施工期間→     14日


☆お客様からのご要望にはどのようなものがありましたか☆

築10年ということもり良く営業の方が来られ劣化部分を指摘されていました。そろそろ時期だということも知っていたので大きな費用が掛かってしまう前に一度見てほしい。どれくらいの費用が掛かるのかも知りたい。また、色褪せ・ひび割れが気になる。外壁塗装工事がしたい

☆施工後のお客様のご感想があれば是非お書きください☆

現地調査から見積もりまでの対応スピードも早く、初めはわからないことだらけの工事でしたが一つ一つ丁寧に説明してくれて理解でき、安心してお任せすることができました。営業の方と現場監督が一緒なので職人さんへの伝達の行き違いなどもなく安心してお任せできました

☆業者様の感想があれば是非お書きください☆

今回は工事のご用命頂き誠にありがとうございました。営業・現場・職人が円滑に回るように日々コミュニケーションをとりながら運営しております。是非、またお困りごとがありましたら外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」へご相談くださいね!

愛知県丹羽郡扶桑町の外壁塗装のことなら安心・安全・低価格の外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」へご相談ください。

お問い合わせは☎0120-923-671

URL https://ripeinto.net

 

愛知県丹羽郡扶桑町の「外壁塗装・屋根塗装」おすすめ業者は

私たち外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」へお問い合わせください。

安心・安全・低価格の塗装工事に自信あります

愛知県丹羽郡扶桑町で外壁塗装、屋根塗装するなら当店の外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」へご相談下さい。

本社のある守山区は、市の東北部に位置し、南に矢田川、北に庄内川が流れ、区の東北端の東谷山から西南に向かって丘陵地帯が広がる起伏にとんだ地形です。

豊かな水と緑のあふれる自然に恵まれ、金城学院大学や愛知県立大学、国際学園などのユニークな文教施設や各種の福祉施設も多く、自然環境のよさが生かされています。

さらに、白沢渓谷、小幡緑地公園をはじめとする公園や矢田川、庄内川の河川敷緑地、東谷山フルーツパーク、志段味スポーツランドや守山スポーツセンターなどの市民の憩いの場が多く、スポーツやレクリエーションに活用されています。

また、尾張四観音の一つである龍泉寺、市内最古の古墳である白鳥塚古墳を含む7つの古墳からなる国史跡「志段味古墳群」や、棒の手、神楽、木遣りといった郷土芸能など歴史的遺産にも恵まれ、大切に保存されています。

一方、守山スマートインターチェンジの整備や名鉄瀬戸線の立体交差事業、歴史の里の整備、人・自然・科学が調和する「志段味ヒューマン・サイエンス・タウン」など、新しいまちづくりが進められています。

上記名古屋市HPより抜粋

ここ30年でこの故郷である街も大きく変化し老若男女が多く住む地域となっております。

住宅事情も大きく変化し比較的南側は古くからの街並みが並び、北側の志段味地域は新しい住宅がここ15年〜20年で多く建てられました。

名古屋・岐阜県・三重県・愛知県の住宅リフォーム・外壁塗装工事・屋根塗装工事は当店にお任せください

外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」

 

☆愛知県丹羽郡扶桑町でおすすめの塗装業者☆

外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」にお任せ!!

愛知県丹羽郡扶桑町のおすすめ屋根・外壁塗装業者は当店、外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」へご相談ください。

愛知県丹羽郡扶桑町で塗装工事をする前に知っておきたい基礎知識は下記記載しています。参考にしてくださいね。

愛知県丹羽郡扶桑町塗装業者の選び方は下記に記載しています。参考にしてください。

愛知県丹羽郡扶桑町優良塗装業者の選び方は下記に記載しています。参考にしてください。

愛知県丹羽郡扶桑町外壁塗装の価格については下記に記載しています。参考にしてください。

愛知県丹羽郡扶桑町外壁塗装の見積書については下記に記載しています。参考にしてください。

愛知県丹羽郡扶桑町外壁塗装の助成金については下記に記載しています。参考にしてください。

愛知県丹羽郡扶桑町外壁塗装の相場については下記に記載しています。参考にしてください。

 

https://ripeinto.net/?page_id=774

 

 

 

 

 

外壁・屋根塗装の基礎知識

外壁など、お住いの塗り替えを計画されている方に必要と思われる外壁塗装の基礎知識をご紹介しています。

建物は最も厳しい条件下にさらされています。風雨や日射といった自然からの影響、最近は酸性雨や大気汚染による建物の汚れや痛みが目立ってきています。建物の傷みを早める要因とあわせて、外壁塗装の必要性を紹介していきます。

建物の傷みを早めるもの

①自然の力

大切な財産であるお住まいは、非常に厳しい環境条件にさらされています。強い日差しや雨、地震などと自然からの影響は過酷なものです。それに加えて、最近は環境汚染による酸性雨や汚染物質が付着して傷みや汚れを早めています。

②建材の変化

木造建築の下地材は、従来無垢材が使用されていました。今はいろんな事情から合板を使用するのが一般的です。しかし、湿気に弱いのが合板の致命的欠点です。合板は接着剤の劣化によって、脆くなります。合板の多用が住宅の寿命を早めています。

例えば、築20年以上の住宅では、床板がふかふかしてくることがよくあります。湿気で床下が腐ってきたのでは?と思われる方がいますがほとんどの場合がそうではありません。床板を剥がしてみると根太の傷みではなく床板が脆く(老け)なっていることがほとんどです。

③建物の洋風化

神社や寺院といった東洋風の建物を思い描いてみてください。屋根の庇(ヒサシ)が大きく張り出していて、少しくらいの雨では濡れずに建物周りを1周することができます。床下は、小さい子供なら少ししゃがんで通れるほどの高さがあります。通気性に優れています現代の住宅と比較してみれば理解も早いと思います。特に最近の住宅は屋根の庇(ヒサシ)がないか、出幅が非常に小さい。その結果、雨が壁面を直撃し、今まで以上に高い防水性が建物に求められているのです。

 

塗装業者の選び方について

質の悪い工事なら1~2年後、良い工事だと分かるのには早くても数年かかります。しかも、施工完了後すぐに仕事の良し悪しが分かるものでもありません。決して安い買い物ではない外壁塗装。そのため、最初の「業者選び」が“後悔”にならないためにはとても重要になります。ここでは、愛知県名古屋市守山区の外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」が外壁塗装業者の選び方についてご案内します。