外壁塗装のお役立ちコンテンツ

外壁・屋根塗装の基礎知識

外壁など、お住いの塗り替えを計画されている方に必要と思われる外壁塗装の基礎知識をご紹介しています。
建物は最も厳しい条件下にさらされています。風雨や日射といった自然からの影響、最近は酸性雨や大気汚染による建物の汚れや痛みが目立ってきています。
建物の傷みを早める要因とあわせて、外壁塗装の必要性を紹介していきます。

 

建物の傷みを早めるもの

①自然の力
大切な財産であるお住まいは、非常に厳しい環境条件にさらされています。強い日差しや雨、地震などと自然からの影響は過酷なものです。それに加えて、最近は環境汚染による酸性雨や汚染物質が付着して傷みや汚れを早めています。

 

②建材の変化
木造建築の下地材は、従来無垢材が使用されていました。今はいろんな事情から合板を使用するのが一般的です。しかし、湿気に弱いのが合板の致命的欠点です。合板は接着剤の劣化によって、脆くなります。合板の多用が住宅の寿命を早めています。例えば、築20年以上の住宅では、床板がふかふかしてくることがよくあります。湿気で床下が腐ってきたのでは?と思われる方がいますがほとんどの場合がそうではありません。床板を剥がしてみると根太の傷みではなく床板が脆く(老け)なっていることがほとんどです。

 

③建物の洋風化
神社や寺院といった東洋風の建物を思い描いてみてください。屋根の庇(ヒサシ)が大きく張り出していて、少しくらいの雨では濡れずに建物周りを1周することができます。床下は、小さい子供なら少ししゃがんで通れるほどの高さがあります。通気性に優れています現代の住宅と比較してみれば理解も早いと思います。特に最近の住宅は屋根の庇(ヒサシ)がないか、出幅が非常に小さい。その結果、雨が壁面を直撃し、今まで以上に高い防水性が建物に求められているのです。

 

 

塗装業者の選び方について

質の悪い工事なら1~2年後、良い工事だと分かるのには早くても数年かかります。しかも、施工完了後すぐに仕事の良し悪しが分かるものでもありません。決して安い買い物ではない外壁塗装。そのため、最初の「業者選び」が“後悔”にならないためにはとても重要になります。ここでは、愛知県名古屋市守山区の外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」が外壁塗装業者の選び方についてご案内します。

 

失敗しない業者選び

1.しっかりとした実績があるかどうか
しっかりとした実績(=現場経験)があるかをまずはチェックしましょう。また、必ずしも実績があればいいとは限りません。口コミなどの評判も参考にすると良いでしょう。優れた施工をするところは小さな会社でも沢山ありますが、契約前にそれを見極めるのはとても難しいことです。

 

2.見積もり段階でしっかりとした調査をするかどうか
しっかりと責任を持った工事を行う業者であれば、事前の調査に時間を掛けます。ちゃんと劣化した箇所の点検などをしないで見積もりを出すような業者は、お客さま対応も施工も“適当”だと言えるでしょう。外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」では専任の外壁アドバイザーがじっくり時間をかけて調査を行います。

 

3.各社の見積もりの塗装面積が違っているのはなぜ?
お客様からよくいただくご相談の一つに、「見積もりを取ったら、面積がバラバラで比べられない」というのがあります。
外壁塗装や屋根塗装、防水工事など、面積によって金額が変わるものがほとんどだと思います。
同じ家なのに、面積も金額もバラバラ。これでは、お客様も判断難しいですよね。
では、なぜ各社面積が違うのか、どの面積が正しいのかをご説明します。

Point.1 塗装面積を実測しているか? 当店では、当たり前ですが、外壁塗装にしろ、屋根塗装にしろ、お見積もりの際は、原則実測して面積をお出しします。
しかし、中には建坪だけで面積を出していたり、面積を測らずに出している業者もいます。
なぜか?それは、「面倒だから」というのが圧倒的に多いように見受けられます。
見積もり金額の元となる面積もしっかり図らない業者が、「うちは三度塗りで、もちが違いますよ~」と言われても、当店からすると「見積もりの段階から手抜きが始まっている」という風にしか見えません。
Point.2 開口部を除外しているか? 塗装面積は、当たり前ですが、「その塗料を塗る面積」です。
ここでのポイントは、
塗装面積に入らない・・・玄関や窓などの開口部
同じ塗装でも塗料が異なる・・・雨戸や軒天などの木部
という点です。
塗装面積を実測し、さらに開口部まで引き算しないと、正確な塗装面積は出ません。
※塗装面積は建築図面からも算出はできます。
塗装面積は、家を建てたときの図面からも算出はできます。そのほうが、測るのも早いです。
ただ、当店はできる限り、実測するようにしています。なぜなら、実測するときに、壁や屋根の劣化を見つけることができます。
その劣化の状態によって、必要な補修工事や、最適な塗料が変わることもありますので、できる限り、目で見て、測るという手間を惜しみません。
たまにあるのが、見積もりは安かったが、後から「ここも劣化していたので、別途費用かかります」と費用が膨れ上がるケース。
当店りぺいんとは、しっかりと見させていただく分、万が一、後から追加工事が発生しても追加で費用をいただくことはありません。なぜなら、それを見落としたのは、当店りぺいんとの責任だからです。(ただし、屋根の防水シートや基礎の劣化などは、屋根材や壁材をはがさないと確認できないため、その点は事前にリスクとしてご説明します。)

 

「見積もりに来た時に、「測らせてください」ということを言わない業者には要注意です。

 

4.要望をしっかりと聞いてくれるかどうか
お客さまのご要望をしっかりと理解しようとする姿勢のある業者でしたら、トラブルが少なくなります。見積書の提出を、サッと話を聞くだけでできる業者は、イメージのすれ違いや価格面など後になってトラブルが起こりやすいので注意しましょう。信頼できる業者は、お客さまの不安が解消されるような、詳細な見積書を複数提出するものです。

 

5.保険にしっかりと加入しているかどうか
「請負業者賠償責任保険」に加入して、万が一のトラブルに備えているかどうかも大切な判断材料です。
大きな事故が起きてしまった時に補償してもらえなかったら……ゾクッとしますよね。
塗装工事では、足場を組みますので、足場が家に接触して家の一部が壊れたり、塗料が車や隣の家に飛散するなどの事故も起こります。足場は足場職人が組み、塗料が飛ばないように飛散防止シートや養生をしますので、事故が起こる可能性は低いですが、万が一の事故に備えた保険があります。
その万が一に備えるというお客様に対する配慮ができている会社はやはり配慮していない会社より信用できますよね。

 

 

見積書や価格について

外壁塗装の見積り書を確認する際、気になるのが、「見積り項目ごとの金額、合計金額は妥当な価格であるかどうか」
一般的に外壁塗装は費用がわかりづらい工事の一つとされています。業者ごとで見積金額が違ってくるという費用が不明瞭な工事なんです。
外壁塗装の価格を決めるベースとなるのは『外壁面積』です。しかし、実際の外壁塗装の見積書をみると、大雑把な面積しか記載していなかったり、そもそも面積に基づいていなかったりするものも少なくありません。
同じ建坪や階数であっても、窓が多ければ、その分塗装する部分が減るので安くなるといったように、どの建物でも外壁の面積は異なります。見積書には『数量』と『単位』の欄があります。外壁塗装では、数量の欄に床面積、単位の欄には『㎡(平米)』が記載されているはずです。

 

チェックPoint!

見積もりを作成する際に必要な建物の情報(素材・面積等)を確認する為、建物の診断を行います。診断時に目分量で測定を行ったり数分で診断を終わっていたりする業者は要注意です。塗料の塗布量などを算出する為に必要な施工面積を正しく算出できない可能性があり、またそのような形で出した見積もり金額も適正価格とは言い難いです。外壁診断を行うと外壁の現状がわかるのはもちろんのこと、今後どのようなメンテナンスがどれぐらいの時期に必要なのかなどもわかります。手を抜かず丁寧に診断を行っている業者を選ぶようにしましょう。

 

チェック1→仮設足場代
外壁や屋根の塗装を行う際に必ずと言って良いほど必要となってくる足場。
足場には、現場の最低限の安全性と作業性を確保するという、重要な役割があります。
塗装作業は、同じ場所を何度も塗り直しながら進めていきますので、足場がないと質のいい作業をすることはできません。塗装工事というとどうしても塗装の色や塗料をどうするかの方に目が行きがちになりますが、塗装作業の基本となる足場はとても重要となってきます。
塗装工事の足場費用は、足場を掛ける面積1㎡あたりの単価をもとに算出するのが一般的です。
足場を掛ける面積とは、「足場の外周の長さ×足場の高さ」です。
敷地が狭くて隣の家との隙間が狭い場合や、道路と敷地に高低差がある場合、また敷地の前面道路に足場の運搬車両が駐車できない場合など、建物の立地条件によっては手間賃が余分にかかってしまうので、割増費用が発生することがあります。

 

チェック2→メーカーの施工仕様の塗り回数
塗料も目的によって様々な性質のものがあり、防錆用に耐候性に優れ厚い皮膜を作るものから、装飾用に耐光性に優れ発色良く光沢ある表面に仕上がるもの、艶消しなど特定の性質を持つものなど様々です。
これらには各々特徴があり、その目的に添って使い分け、あるいは重ね塗りが行われます。また適切に重ね塗りすることで、単一の塗料では得られない強固で見栄えの良い塗装を行うことが出来ます。
外壁や屋根の塗装を施工するにあたっては、一般的に下塗り、中塗り、上塗りと三回塗りが基本です。一度全体を塗ってしまえば終わりと思ってしまいがちですが、実は一度塗っただけでは紫外線や雨に耐えられる丈夫な塗膜は出来上がりません。しかし塗料を節約するために下塗り、上塗りの二回だけで終わらせようとする業者もいます。
基本的に外壁や屋根に塗る回数はメーカーの規定を守りしっかり塗装をすることで以下のような効果が得られます。
塗料の期待耐久年数を発揮できる
塗膜が剥がれにくくなる
防カビ、防水などの塗料が持つ効果を十分に発揮できる

 

チェック3→使用される塗料メーカーや商品名が記載されているか
一般的な見積書では、施工箇所ごとに使用する塗料名が記載されています。もしくは、1液や2液、油性(溶剤)水性など塗料の成分が記載がされています。見積書にシリコン系塗料など、グレードしか示されていない場合は、シリコンの中でも耐久年数の低い塗料を使用する可能性があるので注意が必要です。使用する塗料で耐久年数も変わってきますので、グレードを確認しておくと安心です。優良な業者ですと使用塗料の缶数まで記載してあります。

 

チェック4→外壁・屋根下地処理
塗料を塗る前の下地処理の確認も必要です。
下地処理とは、クラックの補修や鉄部木部のケレン、目荒らしなどです。これらの作業は、下地処理という項目に作業が全て含まれる場合もあり
ますが、優良な業者だと施工箇所別に細かく記載してあります。
下地処理で後の仕上がりに差が出てくるほど重要な作業ですので、一式などと書かれている場合は具体的な箇所とどのような作業をするのか確認してみましょう。逆に施工しない箇所の確認もされることで施工後のトラブルを防げます。

 

チェック5→工程ごとに細かく書かれているか
外壁一式○○円、屋根一式○○円といった施工面積の数量を表記せず「一式」という表現をする業者があります。
施工面積単位で単価が決まっていないような工事の見積もりやごく少量の単位に「一式」と記載することがありますが、このような表記をされてしまうと相場の把握が困難になります。
この場合「一式というのは具体的に㎡やmでお願いできますか」と聞き、不明瞭な見積書にならないように注意しましょう。
また、その他の項目で諸経費と書かれていても一体何の料金なのかわかりません。諸経費で工事料金全体の5%が発生していたり、数万円発生していたりもしますので、その内訳内容を納得がいくまで確認しましょう。もちろん塗装作業を行う上で、かかる費用は材料や作業だけではありません。移動や、荷物を運ぶ「運搬交通費」や「消耗品費」などが発生する場合もあります。このような細かな項目に対してもしっかりと明記してくれる業者ですと、透明性があって信頼できます。各工程ごとに詳しく記載してもらい、それぞれをきちんと理解した上で工事を始めてもらうようにしましょう。
見積もりの時点で、不自然に感じた点や疑問点を業者に指摘・確認しておくことは後々トラブル防止につながります。

 

チェック6→付帯部の材質に合わせた塗料を使用しているか
付帯部とは住宅の外壁と屋根以外の部分のことを指します。
具体的にいうと、軒天、雨樋、雨戸・戸袋、破風板、鼻隠し、笠木、水切りといった部分になります。まとめて付帯部塗装とは言われますが、それぞれ材質が異なり、塗装の目的も変わりますので、塗る箇所の材質に合った塗料を使用しなければなりません。
例えば、木部の塗装には木部用の塗料がありますし、鉄部には鉄部用の塗料があります。
塗料メーカー側も仕様を決めていますので、それにあった塗料が使われるのかをチェックする必要があります。付帯部に使用する塗料の名前が書いてあるところは親切な業者です。
また見積書に「付帯部塗装」の項目が入っていなければ付帯部塗装は行われないものと思ってください。
逆に見積書に記載されていた場合は、付帯部塗装が「一式」でまとめられていないかを確認してください。
「一式」でまとめられている場合、どこの塗装をするのかわかりませんし、付帯部塗装ごとの金額もわかりません。どの箇所なのかを確認すると良いでしょう。

 

チェック7→保証の記載があるかどうか
見積書に保証の記載がある場合、どのような保証なのか内容を詳しく確認しておきましょう。もし保証の記載がないのであれば、保証内容が記載されたものを別途もらうようにしましょう。
塗装工事の保証とは、「塗膜(とまく)保証」になります。塗膜保証とは塗装後に施工不良により塗料が剥がれた時に無償で補償するものです。「保証10年」とある場合は、施工後10年以内に塗料が剥がれた場合に業者が無償で対応してくれます。
外壁塗装の見積りをチェックする際は、この塗膜保証がある会社を優先的に選びましょう。なぜなら、保証は塗装に不備が無いように、品質管理などを企業として力をいれていないと提供できないため、保証がしっかりしている会社は、それだけ安心・安全に施工してくれる期待がもてます。
逆にあまりにも長い15年、20年、30年など長期保証をつけてくる業者は注意が必要です。メーカーの期待している耐久度を超える保証をするというのは本来あり得ないことです。
重要なのは「どの部分を保証してくれるのか」「塗装のどのような状態を保証してくれるのか」「何年保証してくれるのか」などの保証の範囲です。どのような塗装トラブルに対応してもらえるのか、契約前に業者に確認してみましょう。

 

チェックPoint!相見積り金額の差!原因はコレです

外壁や屋根の塗り替えを考えた時、まず気になるのが塗装にかかる費用ですよね。
ひとつの業者からお見積もりをとったとしても、それが適正な価格なのか、ご自身の希望にそった内容なのか判断が難しいかと思います。
そこで「複数の業者の価格を比較し、外壁塗装の相場を知る」ために相見積りをとられる方が多いと思います。
複数見積りをとると、塗装業者によっては見積り額の差が大きい場合があります。実際見積書を比較してあまりにも差がありすぎる時は、「同じ見積もりでもこんなに違うの!」と驚かれるでしょう。塗装工事の見積書の比較を行った場合「費用が安い」=「優良な工事業者」である感覚に陥りやすいのですが、この感覚が全ての見積書にあてはまるかといえばそうではなく、塗装工事のように物を購入するのではなく、技術や知識を購入するものに関しては、内容に対しての費用のバランスを見ることが重要になります。安い見積金額の業者が優良業者である場合もありますし、その逆の高額の見積金額の業者のほうが優良な業者である場合も十分に考えられます。なぜそのような金額の差が出るのでしょう。
外壁塗装において中間マージンは費用を高くさせる原因の一つです。中間マージンとは、いったい何の事でしょうか。
自社職人を抱えていない大手ハウスメーカーや大手工務店、訪問販売会社は提携している塗装専門店へ仕事の依頼をします。ここで中間マージンが発生します。

 

さらに仕事をとってきた担当営業マンへの報酬がマージンという形で工事金額に上乗せされるケースもあり、金額の差がさらに大きくなります。自社に職人を抱えずに営業をメインに行っている大きな会社の場合は確実に中間マージンが発生しますので、直接塗装専門店に依頼すれば中間マージンが発生しない分、単純に安く仕事をしてもらえる可能性があります。中間マージンが発生しないことで、その分を品質と価格に反映させることができるのです。またお客様と直接関わることになるので共有できるものが増え、ご要望にも柔軟に取り組んでもらえるというメリットもあります。より良い塗装工事を行うためには少なくとも2~3社に見積もりを依頼し、相場を把握することが大切になります。
相場を把握することで値引き交渉がしやすくなるという利点もあり、またすぐに塗り替えを行わない場合でも、前もって見積もりを行っておくことで塗装の工事計画が立てやすくなります。緊急を要する状態になる前に、余裕のある段階で前もって塗り替えを検討しておくことで、必要な時期により良い塗装工事を行うことが可能になります。

 

外壁塗装において、見積もりは契約する前に良い業者かどうかの判断材料になります。この見積もりのタイミングで業者選びを失敗してしまうと相場以上の金額を請求されたり、手抜き工事により施工不良が起きてしまいます。
今まさに外壁塗装業者から見積もりを取っているけれど少し不安が残るという方がいらっしゃいましたら、急いで契約をする必要はありません。
焦らずに一度落ち着いて考えましょう。良い業者であれば契約を急かすことはありません。また2~3社相見積もりをとることで、業者による価格差や内容の違いなどをじっくり確認できるため、より良い条件で契約することが出来ます。1社ではなく他の業者にも見積もり依頼をしてみましょう。
何の項目にどのくらいのお金がかかっているのか、手間ではありますが1つ1つを確認し、総合的な判断をすることが業者選びで納得のいくコツなのではないかと思います。複数の外壁塗装業者から話を聞くことで、気になっていることや不安な点を比較して検討することができます。色々調べることはありますが、大切なマイホームのため、しっかりご納得されたうえで業者選びされることをおすすめします。

 

 

助成金について

「外壁塗装をするときにお金に余裕がない場合って、補助金は出るの?」
「外壁はもう塗り替えが必要そうだし補助金を使った外壁塗装を検討しているけど、補助金の受け取りの流れが具体的に分からない」
このようにお困りの方は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか?
初めての外壁塗装となると、分からないことばかりで不安に感じることも多いでしょう。
そこで今回は、そのような不安を一気に解消するために、知っておきたい「外壁塗装での補助金の条件とその補助金を受け取る流れ」について紹介します。

 

☆外壁塗装で支給される補助金って?

一般的に、外壁塗装は、100万円以上の費用がかかると言われています。しかし、一度外壁塗装を行ったからと言って、一生もつわけではありません。平均して10年に1度は、塗料の塗り替えが必要と言われています。その度に、これほど大きな費用がかかると考えると、心配になりますよね。そこで、役立つのが「補助金」です。補助金を獲得できた場合には、外壁塗装の費用をグッと抑えられます。そのため、まずは補助金獲得のために知っておきたい知識を解説します。

 

☆補助金が出る条件☆

外壁塗装の補助金とは、省エネ住宅を増やすために、改修を推奨され支給されるお金を指します。
これは、お住まいの地域の自治体によって交付されています。
しかし、この補助金は、対象となるのが「断熱・遮熱塗料と使って屋根や外壁を塗装する場合のみ」と条件が限られていることが多いので、注意が必要です。つまり、申請を出しても条件に当てはまっていなければ、補助金を受けられないこともあります。
しかし、地域によって、補助金額や対象条件が大きく異なります。
そのため、まずはお住まいの自治体でどのような補助金制度が取り扱われているのか調べることをオススメします。

 

■補助金を受け取る具体的な流れ■

お住まいの地域で統括している自治体へ、補助金の申請を出しましょう。そこで、条件に当てはまり無事受給が決まった際には、支給許可通知が届きます。通知書が届いた後は、業者と相談してからさっそく塗装工事に移りましょう。
工事が無事終わった後は、自治体が現場確認をできるように、工事前・工事後の写真と報告書を提出することを忘れないようにしましょう。
そして、申請した条件通りに上手く工事ができていると判断された場合、ようやく補助金が受け渡されます。請求書が受理された後、2~3週間で指定した銀行口座へ振り込まれます。
何か分からないことやご質問などありましたら、是非当店外壁・屋根塗装専門店「りぺいんと」へご相談ください。